交通事故 松本哲司さん(68)が乗用車にはねられ死亡 愛媛県松山市勝山町の県道の交差点

事故の概要

2017年12月28日午後8時半ごろ、愛媛県松山市勝山町の県道の交差点で、自転車で道路をわたっていた高齢の男性が乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、近くに住む松本哲司さん(68)が市内の病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、およそ4時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

乗用車を運転していた会社員の男性(52)には怪我はありませんでした。

警察は、乗用車を運転していた男性から話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

事故の状況について

事故があったのは、警察署や飲食店が建ち並ぶ中心部の県道の信号機のある交差点です。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA