交通事故 小澄淳子さん(51)がひき逃げされた事故で、太田勝容疑者(49)を逮捕 広島県広島市佐伯区坪井の県道

事故の概要

2017年12月26日午後9時15分ごろ、広島県広島市佐伯区の県道で、女性がひき逃げされる事故がありました。

この事故で、広島市佐伯区五日市中央に住む小澄淳子さん(51)が病院に運ばれましたが、頭などを強く打っており、およそ2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は翌日27日に、広島市中区吉島町に住む自営業の太田勝容疑者(49)を逮捕しました。

太田容疑者は警察の調べに対して、容疑を認めているということです。

警察は詳しい経緯などを調べることにしています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20171227/3961821.html

事故の状況について

事故の現場は、広島県広島市佐伯区坪井の県道で、片側一車線の直線道路です。

小澄さんが横断歩道の近くの車道に倒れているのを車で通りかかった人が見つけ、警察に通報しました。

警察はひき逃げ事件として捜査していたところ、約20分後に「人をはねたかもしれない」と警察に通報したあと、太田容疑者が出頭しました。

太田容疑者の乗っていた乗用車を調べた結果、事件に関わった疑いがあるとして、27日夜にひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕しました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故を隠ぺい(偽装工作)した場合の罪と責任について

交通事故の身代わりの罪と罰則について

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA