交通事故 警察署の幹部が運転する公用車が事故 新潟県阿賀野市

事故の概要

2017年12月28日午後2時ごろ、新潟県阿賀野市の市道の交差点で、警察署の警務課長が運転する公用車が軽トラックなど2台と相次いで衝突する事故がありました。

この事故で、軽トラックを運転していた60代の男性が腹部に痛みを訴え、病院で軽い打撲と診断されました。

警察は、警察署の幹部が信号に気付かず交差点に入ったのが事故の原因と見て調べています。

事故の状況について

市道の交差点で、新潟北警察署の警務課長が運転する警察の車が軽トラックと衝突し、続いて乗用車とも衝突しました。

警務課長は公務に向かう途中であり、調べに対し「信号に気付かず一時停止せずに交差点に進入してしまった」と話しているということです。

新潟北警察署の樋口孝安副署長は「警察署の幹部が起こした交通事故で、重大に受け止めている。お詫びするとともに、再発防止対策を徹底したい」とコメントしています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

緊急走行時の事故ではないため、通常車両の交通事故と同様に取り扱われます。

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA