交通事故 大型トラックがバス停付近に停車していたトラックに追突 神奈川県伊勢原市の東名高速道路

事故の概要

2017年12月28日午前6時半ごろ、神奈川県伊勢原市の東名高速道路で、大型トラックがバス停付近に停車していたトラックに追突する事故がありました。

この事故で、追突したトラックを運転していた50代の女性が死亡しました。

また追突されたトラックの運転手には怪我はありませんでした。

警察は事故の詳しい原因を調べています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20171228/1050001243.html

事故の状況について

高速道路の走行車線を走っていた大型トラックが、バス停付近に停車していた別の大型トラックに追突した事故で、警察によりますと、この事故で追突したトラックは運転席の部分が大きく壊れました。

警察によると、追突したトラックは、この事故の直前にも前を走る別のトラックと接触していたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA