交通事故 篠原竹子さん(83)がひき逃げされ死亡した事故で、柳沢正助容疑者(81)を逮捕 長野県千代里の国道141号

事故の概要

2017年12月27日午後5時ごろ、長野県千代里の国道141号で、近くに住む篠原竹子さん(83)がひき逃げされる事故がありました。

この事故で篠原さんは、意識不明の状態で町内の病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、3時間後の午後8時に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察はひき逃げ事件として捜査しています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20180104/1010001513.html

柳沢正助容疑者(81)を逮捕 2018.1.5追記

警察は、周辺の防犯カメラの映像や目撃者の証言などから、2018年1月4日に長野県佐久穂町穂積の柳沢正助容疑者(81)を過失運転致死とひき逃げの疑いで逮捕しました。

警察で詳しい事故の経緯などを調べています。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の直線道路で、近くに信号機や横断歩道などはなく、篠原さんは北の佐久市方面に向かう車道に倒れていたということです。

現場や篠原さんのけがの状況などからひき逃げされた疑いがあるということで、警察は周辺の防犯カメラの映像を確認するなど捜査しています。

通報してきた近所の男性は、「音を聞いて外に出たら女性が倒れていた」と話しているということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA