交通事故 ブラジル国籍の少年(18)がひき逃げ事故で逮捕 愛知県名古屋市熱田区八番の交差点

事故の概要

2017年12月27日午前8時45分ごろ、愛知県名古屋市熱田区八番の交差点で、乗用車どうしの出会い頭の事故があり、片方の乗用車が相手に怪我を負わせたまま、現場から逃走するひき逃げ事故がありました。

この事故で、怪我をした男性(48)は左手の甲を骨折しています。

警察は、ブラジル国籍の住所不定の少年(18)を逮捕しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00005310-cbcv-l23

事故の内容について

逮捕された少年は、ブラジル国籍の住居不定 無職の少年(18)で、事故のあった27日に愛知県名古屋の港警察署に出頭し、その後逮捕されました。

少年は警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

この少年は、ひき逃げ事件の数分ほど前にも別の車に当て逃げしたとみられていて、警察は詳しく調べています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA