飲酒運転 米沢市立第二中学校の教諭の菅野彰浩容疑者(55)が飲酒運転の疑いで逮捕 山形県米沢市の国道13号線

2017年12月24日午前11時ごろ、山形県米沢市の国道13号線で、米沢市立第二中学校の教諭の菅野彰浩容疑者(55)が酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕されました。

県内では、同日に接触事故を起こしてそのまま走り去る当て逃げが相次いで起きていて、警察が逃げた車の行方を探したところ、ナンバーの一部や色がよく似た車を運転していた菅野教諭を見つけました。

菅野教諭からは基準を超えるアルコールが検出され、その場で現行犯逮捕されました。

菅野教諭は警察の調べに対して、容疑を否認していたということですが、警察は菅野教諭が当て逃げを繰り返した疑いもあるとみて調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6023889251.html

当て逃げ事故について

菅野容疑者の逮捕の1時間前に、山形県東根市で、信号待ちをしていた車に後ろから来た車が追突し、そのまま走り去った事故があり、その20分後にも山形県天童市の県道でも追突事故があり、追突した車が逃走しています。

いずれの事故も、怪我人は出ておらず、物損事故になっています。

米沢市教育委員会によりますと、菅野教諭は、昨年度、米沢市立第二中学校に赴任し、数学を担当していたということです。

米沢市の教育委員会は、「非常に残念で生徒・保護者に多大な迷惑をかけてしまい深くお詫びしたい。今後は、生徒の心のケアと再発防止に全力で取り組んでいく」とコメントしています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転で交通事故を起こした地方公務員の懲戒処分の基準について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA