交通事故 小学6年生の女子児童が死亡した事故で、川越茂男容疑者(59)を逮捕 千葉県野田市中里の市道交差点

事故の概要

2017年12月21日午前7時10分ごろ、千葉県野田市中里の市道交差点で、軽乗用車と乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた同市小山に住む農業の染谷美佐夫さん(65)の染谷さんには怪我はありませんでしたが、軽乗用車の後部座席に乗っていた染谷さんの孫で小学6年の女児(12)が車外に投げ出され、頭などを強く打って死亡しました。

また助手席にいた小学4年の弟(10)は、左太ももに全治2週間の軽いけがを負っています。

警察は同日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、乗用車を運転していた同市岡田に住む会社役員の川越茂男容疑者(59)を逮捕しました。

事故の状況について

事故現場は信号機のない交差点で、交差点に進入した染谷さんの車の後部に、右から来た川越容疑者の車が衝突したとみられています。

警察は容疑を過失運転致死傷に切り替え、事故原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに。怪我をされた弟が一日でも早く回復されることを願っています。

補足関連記事

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA