交通事故 乗用車が自転車の高齢者男性をはね、杉本浩克容疑者(59)を逮捕 埼玉県さいたま市岩槻区仲町の県道交差点

事故の概要

2017年12月21日正午過ぎに、埼玉県さいたま市岩槻区の交差点で、乗用車と自転車が衝突する事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた80代くらいの男性が病院に搬送されましたが、頭を打っており、意識不明の重体となっています。

県警は、千葉県に住む会社員の杉本浩克容疑者(59)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は埼玉県さいたま市岩槻区仲町の県道交差点で、横断歩道を渡っていた自転車が、右折してきた乗用車にはねられました。

杉本容疑者は、父親を病院に送る途中に事故を起こしたということです。

 補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA