交通事故 長橋幸也容疑者(53)がひき逃げ事故の容疑で逮捕 長野県軽井沢町追分の国道18号

事故の概要

2017年12月20日午後11時半過ぎに、長野県軽井沢町追分の国道18号で、乗用車がセンターラインを越えて対向車と衝突し、そのまま逃走するひき逃げ事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた長野県御代田町に住む会社員の女性(31)が胸などを打つなどの怪我を負っています。

警察は、長野県御代田町御代田に住む長橋幸也容疑者(53)をひき逃げなどの疑いで逮捕しており、長橋容疑者は、警察の調べに対して容疑を認めているということです。

警察は、事故のくわしい原因と長橋容疑者が現場から逃げた理由などを調べています。

事故の状況について

長橋容疑者は、乗用車で走行中にセンターラインをはみ出し、対向車線を走ってきた乗用車と正面衝突し、相手に怪我を負わせたまま、現場から走り去った疑いが持たれています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

自動車どうしの事故でも、人身事故になった場合に現場から逃走すると法律上のひき逃げとして取り扱われます。

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故を隠ぺい(偽装工作)した場合の罪と責任について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA