交通事故 路線バスやトラク、乗用車が絡む多重事故 沖縄県那覇市の楚辺南交差点付近の国道330号

事故の概要

2017年12月21日午後4時前に沖縄県那覇市の楚辺南交差点付近の国道330号で、乗用車が対向車線の路線バスやトラックなど5台に衝突する事故が起きました。

この事故で、乗用車を運転していた男性など2人が軽いけがをしました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20171221/5090001455.html

事故の状況について

現場は片側2車線のカーブの手前の直線で、乗用車が対向車線で信号待ちをしていたトラックやバスなど5台の車に次々と衝突しました。

警察は何らかの理由で乗用車が対向車線に進入したとみて、当時の状況を詳しく調べることにしています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを心より願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

怪我がなくても自分の自動車保険から支払われる保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA