交通事故 寺岡幸子さん(73)が、トラックにはねられ死亡した事故で、松田大樹容疑者(37)を逮捕 北海道札幌市手稲区富丘の国道5号線

事故の概要

2017年12月21日午前4時前に、北海道札幌市手稲区富丘の国道5号線で、新聞配達をしていた近くに住む寺岡幸子さん(73)が、トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、寺岡さんは、病院に運ばれましたが、およそ1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、トラックを運転していた北海道古平町に住むアルバイト従業員の松田大樹容疑者(37)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

松田容疑者は、警察の調べに対して「衝突するまで人がいることに気がつかなかった。人をはねたことは間違いない」と話し、容疑を認めているということです。

警察は、容疑を過失運転致死に切り替え、松田容疑者から事情を聞くなどして、事故の状況を詳しく調べています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20171221/3797791.html

事故の状況について

事故の現場は、見通しのよい片側2車線の直線道路で、松田容疑者は水産会社の仕事で、札幌市中央卸売市場に向かう途中に事故を起こしたとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA