交通事故 高橋信子さん(87)が、ダンプカーにひきずられて死亡 北海道当別町錦町の道道

事故の概要

2017年12月21日午前10時前に、北海道当別町錦町の道道で、近くに住む高橋信子さん(87)が、ダンプカーに300mほどにわたって引きずられる事故がありました。

この事故で、運転手は消防に通報しましたが、高橋さんはタイヤに巻き込まれていて、死亡が確認されました。

警察は、ダンプカーを運転していた北海道札幌市北区太平に住む脇松雄容疑者(54)を過失運転致死の疑いで、現行犯逮捕しています。

脇容疑者は警察の調べに対し、「交差点で何かにぶつかった音が聞こえたが、人だと思わなかった」などと話していて、容疑を認めているということです。

警察は、事故の経緯を詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA