交通事故 小学1年生のふたりの児童が大型トラックにはねられた事故 静岡県静岡市の長田北小学校の前の交差点

事故の概要

2017年12月20日午後3時ごろ、静岡県静岡市の長田北小学校の前の交差点で、いずれも小学1年生の男児(7)と女児(7)の2人が、25トンの大型トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、男の子はトラックの下敷きになりまもなく救出され病院に搬送されましたが、両足にけがをしていて意識不明の重体になっており、女の子も病院に搬送され、意識はあるものの足に怪我を負っています。

警察は運転していた男性(53)を自動車運転過失傷害の疑いでその場で現行犯逮捕し、事故の状況を詳しく調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3033780661.html

事故の状況について

事故の現場はトラックにはねられた児童2人が通う長田北小学校の前にある信号機と横断歩道の両方が備えられた交差点で、2人は歩いて下校する途中だったということです。

怪我をされたこども達が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA