交通事故 飲酒運転でひき逃げ事故を起こした夏目拓也容疑者(24)を逮捕 愛知県豊橋市

事故の概要

2017年12月19日午前6時半ごろ、愛知県豊橋市で、飲酒運転の車がウォーキング中の男性(53)をひき逃げする事故がありました。

この事故で男性は鎖骨を骨折するなどの重傷を負っています。

警察は、愛知県豊橋市岩崎町に住む夏目拓也容疑者(24)を逮捕しています。

夏目容疑者は警察の調べに対して「飲酒運転はしたが事故は記憶にない」と容疑を一部否認していて、警察が詳しい経緯を調べています。

事故の状況について

事件後、夏目容疑者の車のガラスが割れているのを父親が見つけ、「息子の車が壊れている。事故を起こしたかもしれない」と警察に通報しました。

夏目容疑者は明け方まで飲酒して、帰宅途中に自宅近くで事故を起こしたとみられています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA