交通事故 高校2年生の男子生徒(17)が無免許でひき逃げした容疑で逮捕 大阪府大阪市住吉区の河川敷

事故の概要

2017年11月に、大阪府大阪市住吉区の河川敷で、ジョギングをしていた男性(48)がひき逃げされた事故で、大阪府の高校2年生の男子生徒(17)が逮捕されました。

この事故で、ジョギングをしていた会社員の男性は左足を骨折するなどの全治1ヵ月の重傷を負っています。

男子生徒は、警察の調べに対して「ひき逃げしていない」と容疑を否認しています。

事故の状況について

事故の現場は、大阪市住吉区にある河川敷の自動車やバイクの進入が禁止されているジョギングコースで、男子生徒は125ccのバイクを運転して事故を起こしていましたが原付の免許しか持っていませんでした。

警察によりますと、男子生徒と一緒にいた友人3人のうち1人が警察に通報しましたが、男子生徒は現場から逃げたということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

無免許運転の種類と違反点数と罰金などについて

交通事故の行政処分(免許取消・免許停止)となる違反点数と欠格期間について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA