交通事故 トラックが中央分離帯に衝突し、藤崎隆宏さん(46)が死亡 鹿児島県大崎町野方の東九州自動車道

事故の概要

2017年12月18日午前11時半ごろ、鹿児島県大崎町野方の東九州自動車道で、トラックが中央分離帯に衝突する事故がありました。

この事故で、トラックを運転していた鹿児島市郡山町の会社員の藤崎隆宏さん(46)が病院に搬送されましたが、およそ2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察が詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は片側一車線の直線道路で、藤崎さんの後続の車両の運転手が事故を目撃し、通報してくれました。

藤崎さんは、鹿屋市から曽於市末吉方面に向かっていたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA