交通事故 街路樹と対向車に相次いで衝突し、寺田幸世さん(24)が死亡 佐賀県唐津市鏡

事故の概要

2017年12月18日午前9時20分ごろ、佐賀県唐津市鏡の県道で、福岡県福岡市早良区に住む飲食店従業員の寺田幸世さん(24)が運転する軽乗用車が、道路左の松の木にぶつかり、さらにそのはずみで対向の軽乗用車にも衝突する事故がありました。

この事故で、寺田さんは病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

また対向車の唐津市の70代の男女2人も首など怪我をしています。

事故の状況について

事故の現場は、片側一車線のほぼ直線道路である虹の松原を通る県道で、寺田さんの車は道路わきにある大きな松の木にぶつかり横転して、対向車線にはみ出したとみられています。

警察が詳しい事故の原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

正面衝突事故の場合、回避不能のタイミングで、被害者が対向車線に飛び出していた場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故の重過失事故とは?「重過失減額制度」について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA