交通事故 女子高生(15)が軽乗用車にはねられ重体 山口県柳井市余田の灸川付近の交差点

事故の概要

2017年12月18日午前8時20分ごろ、山口県柳井市余田の灸川付近の交差点で、自転車に乗っていた女子高校生(15)が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、女子高生は病院に搬送されていますが、全身を強く打っており、意識不明の重体となっています。

警察は、軽乗用車を運転していた田布施町に住むパート従業員(41)から事情を聞くなどして事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場はセンターラインのない四差路の交差点の道路で、信号機や横断歩道はありませんでした。

自転車に乗っていた女子高校生が、田布施町方面から走ってきた軽乗用車にはねられたとみられています。

警察で事故の原因を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA