交通事故 大型観光バスが路肩に転落し、横転した事故 北海道富良野町

事故の概要

2017年12月17日午後4時半ごろ、北海道富良野町で、大型観光バスが路肩に転落して横転する事故がありました。

大型バスには韓国からのツアー客34人と運転手の合計35人が乗っていて、このうち6人が軽傷を負っています。

警察は運転手から話を聞くなどして事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の直線道路で、警察によりますと事故当時の路面は圧雪状態だったということです

大型の観光バスが道路左側の路肩に転落して横転した事故で、この事故で24~36歳の男女の乗客5人と運転手(49)の合わせて6人が首や腰を打つなどの軽いけがをしました。

バスは朝に札幌市を出発して、事故が起きた時は美瑛町内にある温泉地から富良野市の観光施設へ向かう途中だったということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

バスが交通事故を起こした場合の乗客への損害賠償について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA