交通事故 小学生の兄弟2人が乗る自転車が、軽乗用車にはねられた事故 兵庫県宝塚市

事故の概要

2017年12月16日午後6時過ぎに、兵庫県宝塚市の市道で、小学生2人の兄弟が乗った自転車が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた兄で小学6年生の男子児童(12)が、頭を強く打ち意識不明の重体でしたが、その後に意識は回復したということです。

また弟の小学3年生の男子児童(9)は軽傷だということです。

警察は、軽乗用車を運転していた女性(45)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

事故の状況について

警察によりますと、事故の現場は信号機のない交差点で、目撃情報などから自転車が南向きに脇道から市道に飛び出した際に、西へ直進する乗用車にはねられたとみられています。

近所の人の話では「事故が起きてすぐの時は、お兄ちゃんは倒れたままで動かなかった」と話していました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA