交通事故 女の子が軽乗用車にはねられ死亡した事故で、柳沼由香容疑者(51)を逮捕 千葉県柏市柏4丁目

事故の概要

2017年12月15日午後5時半過ぎに、千葉県柏市柏4丁目で、一方通行の脇道から県道に出ようとした軽乗用車が10歳くらいの女の子の乗る自転車をはねたあと、県道で信号待ちをしていた車にも衝突する事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた女の子が意識不明のまま病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、およそ2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

女の子は10歳くらいで、警察が身元の確認を進めています。

警察は、軽乗用車を運転していた茨城県つくばみらい市に住む柳沼由香容疑者(51)を逮捕し、事故の状況を詳しく調べています。

事故の状況について

『車と自転車の事故があり、車の下に人がいる』と119番通報がありました。

女の子は意識不明の重体で倒れていたということです。

現場の近くの複合施設にいた男性は「施設の利用者から『ドンという大きな音がした』ということを聞き、外に出たところ、女の子が倒れているのが見えた。こうした事故は初めてで驚いている」と話していました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA