交通事故 南魚沼地域振興局職員の関遼容疑者(30)がひき逃げ事故で逮捕 新潟県南魚沼市余川の国道

事故の概要

2017年12月13日午後10時35分ごろ、新潟県南魚沼市余川の国道で、信号待ちをしていた40代の女性の乗用車が追突され、女性は首などに軽傷を負ったにも関わらずひき逃げされる事故がありました。

警察は、追突事故を起こし、女性にけがを負わせて逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同県南魚沼地域振興局職員の関遼容疑者(30)を逮捕しました。

関容疑者は14日朝に新潟県魚沼市にある小出署に出頭したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

自動車同士の事故でも、乗っている方に怪我を負わせ、対応をとらずに現場から離れた場合には、法律上のひき逃げ事故として取り扱われます。

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA