交通事故 軽乗用車にマイクロバスが追突する車3台が絡む多重事故 佐賀県神埼市

事故の概要

2017年12月13日午後9時半ごろ、佐賀県神埼市の県道で、故障のため停車していた軽乗用車にマイクロバスが追突するなど車3台が絡む事故がありました。

この事故で、トラックの40代の男性運転手が腰の骨を折るなどの大けがをしたほか、マイクロバスに乗っていた外国人9人が軽いけがをして病院で手当てを受けました。

また、軽乗用車は事故の衝撃で大きく壊れましたが、運転していた男性は車の外に出ていてけがはありませんでした。

警察がマイクロバスの運転手から話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

事故の状況について

マイクロバスが、佐賀県神埼市の県道で故障のため路肩付近に停車していた軽乗用車に追突したあと、さらに前方に止まっていたトラックにも衝突しました。

追突したマイクロバスは佐賀市内にある食品工場の送迎用バスで、アルバイトをしているベトナムやネパール出身の外国人留学生25人を乗せて工場に向かっていたということです。

現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、警察は、マイクロバスの運転手から話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

外国人の乗る車と交通事故を起こした場合の注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA