交通事故 大型トラックが乗用車に衝突し、草野行雄さん(65)が死亡した事故で、山野邉剛容疑者(40)を逮捕 福島県いわき市

事故の概要

2017年12月13日午前6時すぎに、福島県いわき市好間町大利の国道49号線で、大型トラックがセンターラインをはみ出し、普通乗用車に正面衝突する事故がありました。

この事故で、普通乗用車を運転していた福島県いわき市に住む会社員の草野行雄さん(65)が病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、およそ3時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

また助手席に乗っていた妻の草野朝子さん(63)も両足をはさまれ、重傷を負いました。

警察は、大型トラックを運転していた福島県いわき市に住む会社員の山野邉剛容疑者(40)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

山野邉容疑者は調べに対し、「反対車線にはみ出した」と話しているということで、警察は事故の詳しい原因や状況を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、信号機のない片側1車線の緩やかなカーブで、事故の状況などから、大型トラックがセンターラインをはみ出して乗用車と衝突したと見られていて、現場にブレーキの跡はありませんでした。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA