交通事故 花巻信用金庫大迫支店長の佐藤雅俊容疑者(43)がひき逃げ事故で逮捕 岩手県花巻市大迫町の県道

事故の概要

2017年12月10日午後5時半ごろ、岩手県花巻市大迫町の県道で、80代の女性が車でひき逃げされる事故がありました。

この事故で、女性は病院に搬送されましたが、ろっ骨を折るなどの重傷で病院で手当てを受けていますが、命に別状はないということです。

警察は、花巻信用金庫の大迫支店長の佐藤雅俊容疑者(43)をひき逃げと過失運転致傷の疑いで逮捕しました。

佐藤支店長からは基準値を超えるアルコールが検出されており、警察の調べに対して「ぶつかったかどうかわからない」と、あいまいな供述をしているということです。

警察では、支店長が酒を飲んで運転していた可能性もあるとみて、詳しい状況を調べています。

事故の状況について

警察は、ひき逃げ事故の約3時間後、現場に落ちていた車の部品などから佐藤支店長を割り出し、任意で事情を聞いていましたが、ひき逃げなどの疑いが強まったとして、2017年12月11日に逮捕しました。

支店長の逮捕について、花巻信用金庫は、「職員が事故を発生させてしまい、誠に痛恨の極みです。

今後2度とこのような事故を起こすことがないよう、今まで以上に職員の指導を徹底してまいります」とのコメントを発表しました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA