交通事故 中学3年の男子生徒(14)が運転する自転車に崎山法子さん(79)がはねられ死亡 神奈川県横浜市鶴見区

事故の概要

2017年12月12日午後6時過ぎに、神奈川県横浜市鶴見区で、犬の散歩をしていた近くに住む崎山法子さん(79)が中学3年の男子生徒(14)が運転する自転車にはねられる事故がありました。

この事故で、崎山さんは病院に搬送されましたが、約3時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は過失致死の疑いで事故の状況や原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見川沿いの遊歩道で、見通しの良い直線ですが、街灯などの明かりは少なく、日は落ちて辺りは暗かったという。

現場の遊歩道は歩行者と自転車の通行が認められていて、市内に住む中学3年の男子生徒が自転車に乗っていたところ、犬の散歩をしていた崎山法子さんに正面衝突したとみられています。

男子生徒は友人宅に行った帰りで、自転車はマウンテンバイクでライトは点灯していたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

自転車の保険・個人賠償保険の内容について

自転車の保険・個人賠償保険の内容について ~自転車保険の義務化の動き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA