交通事故 中型トラックに男性(43)がはねられ死亡 福島県会津若松市の国道49号

事故の概要

2017年12月9日午前2時35分ごろ、福島県会津若松市の国道49号で、同市に住む会社員の男性(43)が、仙台市太白区に住む男性(36)が運転する中型トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、はねられた男性は会津若松市の病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、出血性ショックのため約4時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察が詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、被害者の男性は道路左側を歩いていたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

交通事故 中型トラックに男性(43)がはねられ死亡 福島県会津若松市の国道49号” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    事故を起こしたドライバーは何で拘束されないの?運行管理者も居ないし当然点呼もしていないのになんでだろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA