交通事故 福本勝秀容疑者(72)が免停期間に女性をひき逃げし、逮捕される 兵庫県尼崎市杭瀬北新町

事故の概要

2017年11月24日午前11時20分ごろ、兵庫県尼崎市杭瀬北新町の市道交差点で、歩いていた高齢者の女性(81)が軽トラックにひき逃げされる事故がありました。

この事故で女性は重傷を負っています。

警察は、2017年12月9日に自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、兵庫県尼崎市額田町に住む福本勝秀容疑者(72)を逮捕しました。

福本容疑者は、警察の調べに対して「免停中に事故を起こして逃げたが、相手がけがをしていると思わなかった」と供述しているということです。

福本容疑者は2017年9月に、交通違反の累積で150日間の免停処分を受けていたということです。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

無免許運転の種類と違反点数と罰金などについて

交通事故の行政処分(免許取消・免許停止)となる違反点数と欠格期間について

無免許運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA