交通事故 2003年から無免許運転だった男性が事故を起こし逮捕 兵庫県加古川市加古川町木村の県道

事故の概要

2017年12月8日午前11時半ごろ、兵庫県加古川市加古川町木村の県道で、無免許運転の軽乗用車が、女性が運転する別の乗用車に衝突する事故がありました。

軽乗用車を運転していた男性は、事故現場で女性としばらく話をしていましたが、通行人が警察に通報したことを知ると現場から逃走しました。

警察は同日、道交法違反(無免許運転・事故不申告)の疑いで、兵庫県加古川市に住む板金塗装業の男性(68)を逮捕しました。

男性は、2003年に免許の取消処分を受けてから無免許運転だったということで、警察の調べに対して容疑を認めているということです。

補足関連記事

無免許運転の種類と違反点数と罰金などについて

交通事故の行政処分(免許取消・免許停止)となる違反点数と欠格期間について

無免許運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA