交通事故 飲酒運転のミニバイクが7カ月の赤ちゃんの乗るベビーカーと衝突 埼玉県さいたま市岩槻区本宿

事故の概要

2017年12月6日午後1時半ごろ、埼玉県さいたま市岩槻区本宿の路上で、飲酒運転のミニバイクが、会社員の女性(29)が長男(7カ月)を乗せて押していたベビーカーに衝突する事故がありました。

この事故では、女性と赤ちゃんに怪我はありませんでした。

警察は同日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、ミニバイクを運転していた埼玉県さいたま市岩槻区岩槻に住む男性(77)を現行犯逮捕しました。

男性は警察の調べに対して「酒を飲んでバイクを運転し、接触事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めています。

事故の状況について

T字路交差点を曲がろうとしたミニバイクが、女性が長男を乗せて押していたベビーカーに衝突した事故で、通報で警察官が駆け付け、酒の臭いがしたため検査したところ、男の呼気から基準値の倍の1リットル中0.3mg/ℓのアルコールが検出されたということです。

逮捕された男性は自宅で日本酒を飲み、近所のスーパーへ買い物に行く途中だったということです。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA