交通事故 パトカーに追跡された車が軽トラックに衝突した事故で、長江正弘容疑者(36)を逮捕 大阪府大阪市浪速区

事故の概要

2017年12月7日午後1時半前に、大阪府大阪市浪速区の路上で、パトカーに追跡され、暴走する車両が軽トラックに衝突する事故がありました。

この事故で軽トラックを運転していた男性(49)が、脚に軽い怪我をしたということです。

警察は車両を運転していた長江正弘容疑者(36)を現行犯逮捕し、詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

警戒中の警察官が不審な動きをする車を見つけたため、パトカーのサイレンを鳴らし、停止を求めましたが車は逃走し、大阪市浪速区難波中1丁目の御堂筋の側道を逆走し、軽トラックと正面衝突する事故を起こしました。

逮捕された長江容疑者は暴れていたため、数人の警察官によって取り押さえられたということです。

補足関連記事

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA