交通事故 乗用車が建築コンサルタント会社の事務所に突っ込む事故 北海道苫小牧市日吉町

事故の概要

2017年12月6日正午ごろ、北海道苫小牧市で、乗用車が建築コンサルタント会社の事務所に突っ込む事故がありました。

この事故で、会社の事務所にいた30代の従業員の女性が逃げようとして転倒し、手首の骨にひびが入る重傷を負いました。

警察によりますと、運転していた女性(69)は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということで、詳しい状況を調べています。

事故の状況について

北海道苫小牧市日吉町の交差点で、アクセルを間違えて踏んだ乗用車が一時停止せずに路上に飛び出し、右から走ってきた26歳の男性が運転する乗用車に衝突し、そのまま向かい側の建築コンサルタント会社の事務所の玄関に突っ込みました。

建物の中にいた男性従業員は「音がしたので外に出ようとしたら、玄関に車が突っ込み、従業員の女性が倒れていたので大丈夫かと声をかけた」と話していました。

警察によりますと、事故を起こした女性(69)は「体育館から市道に出るとき止まろうとしたところ、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」などと話しているということで、さらに詳しい状況を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA