交通事故 横田耕二さん(54)がトラックにはねられ死亡した事故で、三木恒平容疑者を逮捕 香川県坂出市瀬戸中央道

事故の概要

2017年12月6日午前7時半ごろ、香川県坂出市瀬戸中央道で、車線規制をしようと路上で作業をしていた男性2人がトラックにはねられる事故がありました。

この事故で、香川県丸亀市に住む横田耕二さん(54)が頭などを強く打ち死亡しました。

もう1人の男性(49)は命に別状はないということでした。

警察はトラックを運転していた奈良県葛城市に住むトラック運転手の三木恒平容疑者(25)を過失運転致傷の疑いで逮捕し、今後は容疑を致死傷に切り替えて調べています。

事故の状況について

作業員の男性2人が工事のため、車線を規制するため、走行車線にコーンを置いていたところをトラックにはねられたとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA