交通事故 大型トラックがトレーラーに追突した事故 愛知県小牧市三ツ渕の名神高速道路

事故の概要

2017年12月6日午前4時頃、愛知県小牧市三ツ渕の名神高速道路下り線で、走行車線を走っていた大型トラックが茨城県鹿嶋市に住む会社員の男性(56)が運転するトレーラーに追突する事故がありました。

この事故で、トラックを運転していた40代の男性が全身を強く打ち死亡しました。

愛知県警高速隊は、亡くなられた男性の身元を調べています。

事故の状況について

事故の現場は2車線の直線道路で、トラックは滋賀県、トレーラーは大阪に向かう途中だったということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

高速道路で同一車線の追突事故があった場合の過失割合について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA