交通事故 多重事故で浜田清志さん(67)と妻の益美さん(63)が死亡 香川県高松市西宝町

事故の概要

2017年12月5日午前11時407分前に、香川県高松市西宝町の県道の交差点で、2人乗りのスクーターが軽自動車と出会い頭に衝突する事故がありました。

さらに軽乗用車は、事故のはずみで対向車線に飛び出し、別の軽乗用車と正面衝突しています。

この事故で、スクーターを運転していた高松市西宝町の浜田清志さん(67)が死亡し、後ろに乗っていた妻の益美さん(63)も頭を強く打って亡くなりました。

双方の軽自動車に乗っていた22~43歳の3人の男性も、親指の骨を折るなどの軽傷を負っています。

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い片側2車線の信号機のないT字路交差点で、警察ではスクーターが安全確認を怠ったのが原因とみて調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA