交通事故 大型トラック3台と乗用車1台が絡む事故 滋賀県甲賀市甲賀町の新名神高速道路

事故の概要

2017年12月5日午前0時50分ごろ、滋賀県甲賀市甲賀町の新名神高速道路下り線で、作業を知らせるNEXCO西日本の標識車に大型トラックが追突して、4台が絡む多重事故がありました。

この事故で、男性4人が病院に搬送され、そのうち静岡県静岡市に住む男性(48)と東京都江戸川区に住む男性(50)が骨盤や右太もも骨折などの重傷を負っています。

また標識車に乗っていた58歳と54歳の男性2人は軽傷だということです。

事故の状況について

静岡県静岡市に住む男性(48)が運転するトラックが、凍結防止剤の散布作業車の警戒にあたっていた標識車に追突し、さらに、追突したトラックに別の後続のトラックも突っ込んできたという事故です。この多重事故に乗用車も巻き込まれました。

標識車は時速約50km/hほどの速度で、走行していて高速隊が詳しい事故の原因を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

高速道路で同一車線の追突事故があった場合の過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA