交通事故 ミニバイクの男性がオートバイにひき逃げされる事故 京都府京都市伏見区久我石原町

事故の概要

2017年12月4日午前7時20分ごろ、京都府京都市伏見区久我石原町で、会社員の男性(25)のミニバイクが、別のオートバイに追突されひき逃げされる事故がありました。

この事故で、被害者の男性は右くるぶしを骨折する重傷を負っています。

警察は道交法違反(ひき逃げ)容疑で、逃げたオートバイの行方を追っています。

事故の状況について

事故の現場は名神高速道路の高架下の直線道路で、ミニバイクが渋滞で減速した際にオートバイに追突されたとみられています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

人身事故を起こして現場から逃走した場合、車両同士の事故でも、法律上のひき逃げとして取り扱われます。

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故を隠ぺい(偽装工作)した場合の罪と責任について

交通事故の身代わりの罪と罰則について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA