交通事故 海上自衛官の護衛艦「ちくま」所属の海士長の鎌田京治容疑者(23)が飲酒運転で逮捕 北海道函館市大町

事故の概要

2017年12月4日午前0時すぎ、北海道函館市で、信号無視でパトカーに追跡されていた乗用車が路上に停車していた別の車に衝突する事故がありました。

警察は、乗用車を運転していた海上自衛官の護衛艦「ちくま」所属の海士長の鎌田京治容疑者(23)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、現行犯逮捕しました。

警察の調べに対して鎌田容疑者は「酒を飲んで運転した」と容疑を認めているということです。

事故の状況について

警戒中のパトカーが、函館市大町の道道交差点で信号無視をした車を目撃し、停止を求めたが従わなかったため追跡したところ、鎌田容疑者の乗用車は路上に駐車していた別の車に衝突し、その後も逃走を続け、交差点から約1キロ離れた住宅街で停止したということです。

逮捕された青森県むつ市大湊町に住む鎌田容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

飲酒運転で交通事故を起こした地方公務員の懲戒処分の基準について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA