交通事故 乗用車がガードレールを突き破り、谷に転落した事故 三重県いなべ市の国道

事故の概要

2017年12月3日午後8時過ぎに、三重県いなべ市の国道で、乗用車がガードレールを突き破り、およそ10m下の谷に転落する事故がありました。

この事故で運転していた男性と助手席に乗っていた女性が全身を強く打つなどして死亡しました。

亡くなられた2人はいずれも50~60代くらいと見られていて、警察が2人の身元の確認をしています。

事故の内容について

事故の現場は、三重県いなべ市大安町の国道421号の片側1車線の道路で、乗用車から見て緩やかな左カーブの下り坂になっているということです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA