交通事故 介護施設の軽乗用車と乗用車が衝突し、小林幸利さん(82)が死亡 島根県松江市宍道町佐々布

事故の概要

2017年12月2日午後2時35分ごろ、島根県松江市宍道町佐々布の市道交差点で、島根県雲南市の介護施設の軽乗用車とワンボックス車が出合い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車の助手席に乗っていたデイサービス利用者の島根県雲南市加茂町南加茂に住む小林幸利さん(82)が胸を強く打って死亡したほか、同乗の男女3人が足や腰などに重軽傷を負っています。

またワンボックス車を運転していた近くに住む団体職員の男性(52)も病院に搬送され、胸などを強く打ち、重傷だということです。

事故の状況について

事故の現場は信号機のない交差点で、軽乗用車側に一時停止の標識があるということです。

介護施設の軽乗用車は施設の職員が運転しており、小林さんらデイサービスの利用者ら3人を乗せていました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA