交通事故 武藤勇容疑者(73)がひき逃げ事故の容疑で逮捕 愛知県名古屋市中川区

事故の概要

2017年12月1日午後7時45分ごろ、愛知県名古屋市中川区の交差点で、大型バイクに乗っていた同市西区に住む男性(35)がひき逃げされる事故がありました。

この事故で、被害者の男性は手首を骨折するなどの怪我を負っています。

警察は、ひき逃げした疑いで愛知県名古屋市中川区横前町に住む会社員の武藤勇容疑者(73)を逮捕しました。

事故の状況について

武藤容疑者は、事故後に車で中川署を訪れ、「駐車中に当て逃げされた」と話しましたが、ひき逃げをした車に特徴が似ていたことなどから逮捕されたということです。

警察の調べに対して武藤容疑者は「覚えていない」などと容疑を否認していて、警察が事件の経緯などを詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故を隠ぺい(偽装工作)した場合の罪と責任について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA