交通事故 加納清史容疑者(60)が飲酒運転で逮捕 北海道岩見沢市栗沢町北本町

事故の概要

2017年12月1日午後10時ごろ、北海道岩見沢市栗沢町北本町の市道で、飲酒運転の乗用車が、道路の左端に停車していた乗用車に追突する事故がありました。

この事故で、追突された乗用車に乗っていた50代の男性が軽傷を負っています。

追突した車を運転していた北海道岩見沢市に住む会社員の加納清史容疑者(60)の呼気からは、基準値の2倍を超えるアルコールが検出されたため、警察は酒気帯び運転などの現行犯で逮捕しました。

加納容疑者は、同僚と酒を飲んだあと帰宅する途中だったということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA