交通事故 高校3年生の伊東ミカさん(18)が事故死 新潟県佐渡市中興の国道350号

事故の概要

2017年12月1日午後10時15分ごろ、新潟県佐渡市中興の国道350号の交差点で、乗用車と軽乗用車が出会い頭に衝突する事故がありました。

乗用車には運転手の新潟県佐渡市莚場に住む漁師の樋口健太さん(21)と3人の女性が乗っていましたが、後部座席にいた同市河原田諏訪町に住む高校3年生の伊東ミカさん(18)が頭を強く打って死亡し、ほかの3人も軽傷を負いました。

また軽乗用車を運転していた同市東大通に住む団体職員の中村邦彦さん(29)も軽傷を負っています。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の信号機のある交差点で、見通しは良くないと場所だということです。

事故当時は路面はぬれた状態であり、警察で事故の原因を詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA