交通事故 パトカーから追跡された大学生のバイクが乗用車と接触事故 京都府城陽市平川

事故の概要

2017年12月2日午前0時25分ごろ、京都府城陽市平川で、パトカーに追跡されていた同市に住む男子大学生(20)のバイクと、京都府宇治市に住む男性会社員(67)の乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた大学生が、指を骨折する怪我を負っています。

事故の状況について

事故の現場から600mほど離れた京都府宇治市大久保町で、飲酒運転の取り締まりのために警戒にあたっていた府警交通機動隊のパトカーが、居酒屋を出てからバイクを運転した大学生に停止を求めたところ、大学生は逃走し、パトカーは緊急走行で追跡しました。

バイクが細い道に入ったため事故時は追跡を止めていましたが、その後、大学生は事故を起こしたということです。

交通機動隊は「適正な追跡だった」としています。

補足関連記事

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA