交通事故 乗用車どうしが正面衝突し、妊婦が死亡 千葉県鋸南町の富津館山道路の元名トンネル

事故の概要

2017年12月1日午後1時過ぎに、千葉県鋸南町のトンネル内で、乗用車どうしが正面衝突する事故がありました。

この事故で、双方の車に乗っていた合計4人が病院に搬送されましたが、片方の乗用車の助手席に乗っていた20代の妊娠中の女性が、腹部などを強く打ち、約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

ほかの3名も怪我をしており、運ばれた病院で治療を受けています。

警察が亡くなった女性の身元の確認を進めるとともに、詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、千葉県鋸南町の富津館山道路で、片側一車線の元名トンネル内で起きました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA