交通事故 高校1年生の栗栖旬平さん(16)が軽乗用車にはねられ、結田初治容疑者(47)を逮捕 愛媛県今治市土橋町

事故の概要

2017年11月29日午後6時半ごろ、愛媛県今治市土橋町の市道交差点で、自転車で横断していた同市に住む高校1年生の栗栖旬平さん(16)が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、栗栖さんは愛媛県松山市の病院に搬送されてましたが、頭などを強く打っており、意識不明の重体だということです。

警察は軽乗用車を運転していた愛媛県今治市八丁東に住む結田初治容疑者(47)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しており、事故の原因を詳しく調べています。

事故の状況について

事故の現場は、信号機や横断歩道がない交差点で、下校途中だった栗栖さんはヘルメットを着用していました。

警察は事故の原因を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

横断歩道じゃない場所を横断する歩行者をはねてしまった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA