交通事故 2人の小学一年生が軽乗用車にはねられた事故で、宮坂沙織容疑者(27)を逮捕 長野県下諏訪町の国道20号

事故の概要

2017年11月30日午前7時過ぎに、長野県下諏訪町の国道20号の交差点で、横断歩道を渡っていた登校途中の小学1年生の2人の男子児童が、軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、近くに住む濱遊輔くん(7)が諏訪市内の病院に搬送され、右足の骨を折る大けがを負っていますが、命に別状はないということです。

もう1人の児童には、怪我はありませんでした。

警察は車を運転していた長野県岡谷市長地に住む看護師の宮坂沙織容疑者(27)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は片側一車線の信号機のある交差点で、登校中の小学1年生の男子児童2人が右から走って来た軽乗用車にはねられました。

怪我をされた方が一日も早く回復されることを願っています。

補足関連記事

横断歩道を渡る歩行者をはねてしまった場合の過失割合

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA