交通事故 出会い頭の衝突事故で三浦善行さん(42)が死亡した事故で、大学生の浜野一希容疑者(21)を逮捕 茨城県古川市女沼

事故の概要

2017年11月29日午前1時45分ごろ、茨城県古河市女沼で、軽自動車と乗用車が交差点で出会い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、軽自動車を運転していた茨城県境町に住む運転代行業の三浦善行さん(42)が頭をうち、その場で死亡が確認されたほか、同乗していた松浦恵美さん(41)も、肩の骨を折る重傷を負いました。

また乗用車に乗っていた市内に住む大学3年生の男性(21)と大学2年の男性(19)は、打撲などの軽傷を負っているということです。

大学3年・浜野一希容疑者(21)を逮捕 2017.12.4追記

警察は、過失運転致死などの疑いで、大学3年生の浜野一希容疑者(21)を逮捕しました。

警察の調べに対して、浜野容疑者は「酒を飲んで、事故を起こしたことは、間違いありません」と容疑を認めているということです。

事故の状況について

事故の現場は、茨城県古河市女沼の県道と市道が交わる交差点で、警察によると、三浦さんが運転する軽乗用車が県道を走っていたところに、脇道の市道から出てきた大学生の乗用車が突っ込んだとみられており、交差点には信号がなく、市道側に一時停止の標識があったということです。

乗用車に乗っていた2人の大学生はいずれも「運転していたのは自分ではない」などと話しているということで、2人とも受け答えがはっきりしていなかったことなどから、酒を飲んで運転していた可能性もあるということです。

警察は2人の大学生のうち、どちらが運転していたかなどを詳しく調べるとともに、危険運転致死傷罪の適用も視野に入れて捜査していました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA