交通事故 知念貢さん(36)がオートバイで転倒し、死亡した事故 沖縄県恩納村山田の国道58号

事故の概要

2017年11月29日午後4時ごろ、沖縄県恩納村山田の国道58号で、オートバイが中央分離帯の縁石に接触し、転倒する事故がありました。

この事故で、オートバイを運転していた沖縄県浦添市前田に住む知念貢さん(36)が心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、頭を強く打つなどして、まもなく搬送先の病院で、死亡が確認されました。

事故の現場周辺には、オートバイのブレーキ痕がなかったということで、警察が詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、片側2車線の見通しの良いゆるやかな左カーブで、信号機などもない走りやすい道路です。

北向けに走っていた125CCのオートバイは縁石に衝突し、その弾みで知念さんは対向車線まで投げ飛ばされており、オートバイから約20メートル離れた場所に倒れていたということです。

知念さんは1人でツーリング中でだったということで、警察が詳しい事故の状況や原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA